豪華な塔は、ニューヨークの象徴的なチャイナタウンで労働者階級の中国人の最後を打ち負かしますか?

低所得者向けの市内で数少ない残りの地域の1つは、生活様式を維持するために戦っています。






Voxロゴによるハイライト

一部の ハイライトの第6号 、私たちの世界を説明する野心的な物語のための私たちの家。


8月の暖かい午後、ニューヨーク市の象徴的なブルックリン橋とマンハッタン橋の間のイーストリバーから数ブロックのところに20人が集まりました。グループは多様で、アジア人、白人、黒人、ラテン系の人々が英語と北京語で「変位を止め、差別に反対し、高い家賃と小作農立ち」と書かれた看板を持っていました。

チャイナタウンとローワーイーストサイドを保護するための連立によって組織された抗議は、この地域に3,000近くのアパートを追加する4つの豪華な建物の開発を対象としていました。デモ隊は公営住宅団地に囲まれて立っていましたが、すべての建物の上にそびえ立つのは、847フィートのきらめくガラスと鋼でした。1つのマンハッタン広場です。地域では 家族の中央値 収入は約40,000ドルで、その高級マンションは 販売 1個あたり100万ドルから400万ドルで。



中国スタッフ労働者協会の主催者であるZishunNingは、Two Bridges地区での贅沢な開発と、チャイナタウンとローワーイーストサイド内での移動に抗議する集会でメガホンを持っています。

中国スタッフ労働者協会の主催者であるZishunNingは、Two Bridges地区での贅沢な開発と、近くのチャイナタウンとローワーイーストサイドでの避難に抗議する集会で講演します。

VoxのSarahNgu
トゥーブリッジズのピア36から見たニューヨークのスカイライン。前景の人々が走ったり自転車に乗ったりしています。

2019年9月にチャイナタウンに隣接するニューヨークのトゥーブリッジズのピア36で走ったり休んだりする人々。高層ビルはマンハッタン広場です。

VoxのMengwenCao

集会では、82歳の祖母であるShui Y.Gaoがマイクを振るいました。彼女は、ここで一般的な中国語である福建省の群衆に、過去30年間、近くのチャイナタウンの家賃が安定しているアパートに住んでいると語った。しかし、彼女の近所がより高価になるにつれて、彼女の中国の家主は彼女の家賃を上げようとし、最近、彼女を追い出そうと試みました。



彼らは4つのメガタワーを建設しています。それは悪化し続け、私たちを追い出します。私はとても年をとっています、どこに移動できますか?彼女は、集会の主催者であるヴィンセント・カオによって、群衆のために彼女の言葉が英語に翻訳されたと尋ねました。

年上のアジア人女性と若いアジア人男性がチャイナタウンの路上を歩いて一緒に話します。その後ろにはTシャツやギフトを売る店があります。

Shui Y. Gaoは、8月のラリーでVincentCaoと話します。

VoxのSarahNgu

貧しい人々が金持ちに追いやられることは、全国の都市でおなじみの話です。しかし、チャイナタウンとローワーイーストサイドは、セントラルパークの南にあるマンハッタンで唯一残っている労働者階級の地区である。開発者を寄せ付けないための彼らの戦いは、モデルマイノリティのより大きな物語でしばしば無視される労働者階級のアジア系アメリカ人コミュニティの恐れと闘争を浮き彫りにしました。



ガオや近隣のその他の長年の低所得者や高齢者にとって、4つのタワー(1つはすでに建設され、3つは予定されており、すべて半径3ブロック以内)は、空の景色を遮り、混雑を増やす数少ない高層マンションを表しています。 。彼らは、その存在がトゥーブリッジズ、およびチャイナタウンとローワーイーストサイドのより大きな近隣に住むコストを上昇させる人々の新しい波を表しています。ガオなどの住人は家の基本的な修繕を管理するのに苦労しているが、ワンマンハッタンスクエアの入居者は贅沢を楽しんでいる アメニティ 45,000平方フィートの美しい庭園、70席の映画館、大人専用のツリーハウス、ペットスパなどがあります。

先月の集会は、2013年にさかのぼる長引くコミュニティ闘争の最新のイベントでした。その年、マイルで唯一手頃な食料品店であり、近所で愛されている備品であるパスマークは、ワンマンハッタンスクエアに道を譲るために取り壊されました。 2年後に本格的に建設が始まったとき、中国人とヒスパニック系の住民は 人種差別主義者の開発 タワーの中で、高級ビルの存在がその地域の賃貸価格を上昇させ、食料品店などの必需品を絞り出し、高価な店やレストランを支持することへの懸念を表明しました。すでに、 23パーセント ニューヨーク大学のファーマン不動産都市政策センターがまとめたデータによると、チャイナタウンとローワーイーストサイドの世帯の割合は、家賃に重くのしかかっていると分類されています。つまり、収入の50%以上を家賃に費やしています。



チャイナタウンとローワーイーストサイドの住民の3分の2は 色の人 ; 36%で、アジア系アメリカ人は最大の人種サブグループです。しかし、アジア系アメリカ人は、ワンマンハッタンスクエアの最初のターゲット市場ではありませんでした。 2015年、ExtellGroupはタワーの販売を開始しました 排他的に 海外では、アジアの国際的なバイヤーをターゲットにしています。しかし、2016年後半から、中国からの外国投資 劇的に枯渇した 、ニューヨークの不動産市場に大きな打撃を与えました。この急激な落ち込みは、One Manhattan Squareの購入者の多くが国内にいる理由と、ExtellGroupが国内にいる理由を説明している可能性があります。 悪戦苦闘 建物内の在庫を販売します。現在の購入者に関する最新の詳細は入手できません。ワンマンハッタンスクエアの報道関係者は、この話についてのコメントの要求に応じませんでした。

ニューヨークのトゥーブリッジーズ地区のイーストリバー沿いのサウスストリートで運動している人々。

人々はニューヨークのトゥーブリッジズ地区のイーストリバー沿いのサウスストリートで運動します。近隣には歴史的に低所得者や移民の居住者が住んでいました。

VoxのMengwenCao

40代の広東系アメリカ人女性、グレース・マック、 夫と3人の子供と一緒に、ワンマンハッタンスクエアに隣接する家賃規制のある建物である82 RutgersSlipに住んでいます。彼女はニューヨーク市で生まれ、トゥーブリッジズ地区で育ちました。彼女の両親は彼らの世代の標準的なチャイナタウンの仕事をし、彼女の父親は中華料理店で、母親は縫製工場で働いていました。

マックの労働者階級の経歴は、ニューヨーク市の中国の近隣住民に典型的です。中国人移民の最初の波は、ニューヨークに到着しました 1870年代 レストランやコインランドリーを開いて生計を立てました。コミュニティは主に労働者階級の男性で構成されていました。 ページ法 、これは中国人女性の移民を防ぐために使用されました。中国人排斥法などの非ヨーロッパ移民に対する非常に制限的な割り当ては、1960年代に法律が廃止されるまで、ほとんどの人が米国に移住することを制限していました。

ローワーイーストサイドから見たニューヨーク市のスカイライン。前景に女性のシルエットがあります。

グレースマックは、2019年9月に彼女のアパートの建物からマンハッタンのスカイラインを見渡しています。

VoxのMengwenCao

新しい 移民法 就職ビザを取得した高度な技能を持った労働者だけでなく、家族との再会を求めている学者、芸術家、難民、現在の居住者の親戚にも門戸を開いた。高度なスキルを持つ移民は、ヘルスケアやエンジニアリングなどの高所得セクターで仕事を見つけましたが、後者のカテゴリーは一般的に低所得の仕事しかできませんでした。 Peter Kwongによると、ニューヨーク市は肉体労働とサービスの仕事が豊富にあり、他のアメリカのチャイナタウンよりもはるかに多くの労働者階級の中国人を引き付けました。 ニューチャイナタウン 。沿って 2017年 、ニューヨークのアジア系アメリカ人は、ニューヨークのすべての人種グループの中で最も貧困率が高いことがわかりました。

マックは、他の多くの仲間とは異なり、中心部に位置し、コミュニティの感覚があるため、トゥーブリッジに留まり、ここで家族を育てることを選択しました。多くの隣人はお互いに精通しています。私には他の建物に住んでいる友達がいます、そしてあなたの子供が公園に行くときあなたは安心していると彼女は言いました。彼女は、すべての塔が建てられると、それが劇的に変わるのではないかと心配しています。

今年完成したワンマンハッタンスクエアの建設は、すでに近隣に物理的な被害をもたらしています。マックは、2014年に建設が始まって以来、歩道や建物の壁に新しい亀裂がどこからともなく現れたと言います。同じ建物の以前の賃貸ユニットでは、窓が大きくずれて開けられなくなったと彼女は言います。言う。

彼女はエクステルの開発に対するコミュニティの抗議活動に関与してきましたが、ワンマンハッタンスクエアの新しいテナントに対して個人的な攻撃をしているわけではないと彼女は言います。彼らも彼らの家を作っていると彼女は言った。私たちが反対しているのはテナントではなく、ここで何でもできると考えてルールを回避できるのは開発者です。

ニューヨーク市のチャイナタウンにあるモットストリートのパレードで、中国人ダンサーが山車で踊ります。

2019年9月、ニューヨークのチャイナタウンのモットストリートでチャイナダンスが上演されます。チャイナタウンの労働者の多くは、近隣とその周辺に住んでいます。

VoxのMengwenCao

Makが言及したルールは、TwoBridges開発者との一部の住民の戦いの中心にあります。高級タワーの開発者は、標準的なコミュニティの土地審査プロセスを迂回したとしてすでに訴えられています。裁判官は最近 支配 次の3つの建物の建設を一時停止した原告に賛成。 Extellはまたによって構築することを約束しました 2018年 ブルドーザーのパスマークに代わる手頃な食料品店ですが、 まだそうしていません

近隣への他の譲歩の中で、Extellは手頃な価格の住宅を建設しました 204台 近くで、ニューヨークの地域の収入の中央値の60%を占める居住者を対象としています(一方、タワーは 815 )。しかし、主催者は、手頃な価格のユニットが新しい建物の利用可能なユニットのより高い割合を占めるべきであり、収入の中央値の式は 故障 ニューヨーク市全体からの収入データを使用しているため ウエストチェスターなどの裕福な郊外。実際、チャイナタウンとローワーイーストサイドの世帯収入の中央値は 35パーセント低い ニューヨーク市の中央値よりも高く、その貧困レベルは基本的に10パーセントポイント高くなっています。

Voxと話をしたほとんどのアジア系アメリカ人は、贅沢な開発に大部分反対しましたが、他の人は暫定的に支持していました。先月の抗議行動に立ち寄り、氏名ではなくタン夫人だけを使うように頼んだ中年女性は、決心はしていなかったものの、高級ビルに傾倒していると語った。彼女は1989年に購入した家で夫と一緒にワンマンハッタンスクエアの近くに住んでいます。

この近所がもっと安全になることを願っています。私は誰も差別しません。家を買う余裕ができるように、私は本当に一生懸命働かなければならなかった、と彼女は言いました。

タン夫人とマック夫人が裕福なアジア人と貧しいアジア人の間で照らしているコントラストは、ここ数年で拡大しました。アジア系アメリカ人は今 多くの 米国の経済的に分割された人種グループ。所得分布の上位10%にある人々は、下位10%にいる人々よりも10.7倍多く稼いでいます。彼の本の中で、クォン 説明します 市のチャイナタウン経済は、大企業を所有する小さなエリートと搾取される労働者階級に分かれています。

8月の集会の開催を支援した中国人スタッフ労働者協会(CSWA)の主催者であるCao氏は、さまざまな種類の中国人がいると述べた。

マンハッタン橋の下の行商人の横のベンチに座っている人々。壁の落書きには、チャイナタウンはチャイナタウンではない、と書かれています。

2019年9月、マンハッタンのイーストブロードウェイストリート近くのマンハッタン橋の下で人々が休憩します。

VoxのMengwenCao

Extell Towerの抗議から1週間後、 別の集会は、チャイナタウンのカナルストリートにある中国の地主事務所の外で開催されました。抗議することが判明したテナントは、ブルックリンに住んでいた少数のラテン系のテナントを除いて、ほとんどすべての中国のチャイナタウンの住民でした。

Extellの抗議で話した祖母のShuiY。Gaoは、別のスピーチをしました。今回は、家主が彼女を追い出そうとし、アパートから出ない限り持ち物を捨てると脅したことについて話しました。ガオ夫人の話は珍しいことではありません。中国のテナントレポート ハラスメントに直面している 彼らが家賃を払うために訪れるときはいつでも家主の事務所で。

ニューヨーク近郊のトゥーブリッジズの川を見下ろすアパートのバルコニーに男が立っている。橋と高層ビルが背景にあります。

マーク・リチャードソンは、2019年9月にニューヨークのトゥーブリッジにある自宅にいます。ローワーイーストサイドのために戦うテナントユナイテッドの一環として、彼はマニリーやグレースマックなどの人々と組織しています。

VoxのMengwenCao

集会で、ガオは「中国人を追い出す中国人の家主に反対する」と書かれた簡単なポスターを持っていた。翻訳:中国人を追い出す中国人の家主に反対する。

しかし、ガオのサインは、チャイナタウンとローワーイーストサイドの避難の全体像を示しているわけではありません。一つには、地元の抗議活動に関与している人々の多くは黒人と(非白人の)ラテン系であり、 24パーセント その地域の人口のさらに重要なのは、家主と開発者が空虚な状態で活動していないことです。ニューヨーク市は、他の多くの都市と同様に、政府歳入を固定資産税に大きく依存しているため、資産価値の成長を促進するように奨励されています。

地元の主催者は 2008年 重要なターニングポイントとして。市政府がジェントリフィケーションを最小限に抑えるためにイーストビレッジの再ゾーニング計画を可決したが、居住者が主に有色人種であるチャイナタウンとローワーイーストサイドの同様の計画を拒否した年でした。その後、開発者はイーストビレッジからチャイナタウンとローワーイーストサイドに向かって南に注意を向け始めました。

ニューヨーク市立大学クイーンズカレッジの都市研究の議長であるタリーハムは、変更の日付を9月11日までさかのぼります。9.11の余波で、コミュニティの一部はチャイナタウンをビジネス改善地区に変えることに成功しました。通りの掃除を強調した にもかかわらず、観光客や訪問者を引き付ける 不動産所有者の抗議 近隣に。

ワンマンハッタンスクエアの1ブロック東に住む46歳のマニリーは、マックと一緒に育ちました。彼女と彼女の夫と2人の子供は、ランズエンドワンと呼ばれる建物の家賃が規制された2ベッドルームのユニットに住んでいます。彼女は彼らの家主が言う アメニティを追加して建物を改装中 、屋上庭園など、若くて裕福なテナントを引き付けるために。しかし、李氏は、彼女のような家賃規制のあるアパートをアップグレードしていないと述べ、建設によるユニットの漏れについて建物に通知したとき、彼らは天井を塗り直すことだけを申し出たと説明した。

ある女性がアパートの椅子に丸まって座っている。

ニューヨークのトゥーブリッジズにある自宅にいるマニーリー。彼女は自分の建物がアップグレードされているのを見ましたが、彼女自身の家賃規制されたユニットは同様の改善を見ていないと言います。

VoxのMengwenCao

私は神に祈っています。私は自動的に憎しみを抱き、それを感じたくないので、エクステルの隣人に会わないように助けてください、と彼女は言いました。彼らには購入する権利がありますが、私はこのような個人的な感情を持っているような立場に置かれたくありません。

食料品の袋を持っている人々は、ニューヨーク市のチャイナタウンの横断歩道で交差します。

2019年9月、ニューヨークのチャイナタウンにあるイーストブロードウェイで人々が通りを渡ります。

VoxのMengwenCao

サラ・ニュ| ニューヨークのブルックリンに住む作家で、バイス、サウスチャイナモーニングポスト、ジャコバン、スプリンターニュースに寄稿しています。

Mengwen Cao ニューヨークを拠点とする写真家、映像作家、マルチメディアプロデューサーです。

Jane Jin TingYeが提供する翻訳ヘルプ。

ハイライトのこの号からのより多く

ハンバーガーの形をしたマイクを持ったスーツとネクタイの人。 VoxのMagoz