ウォルマートは、金持ちのお母さんのためのパーソナルショッパーサービスとレジ係のいない店を開発しています

Probéiert Eisen Instrument Fir Probleemer Ze Eliminéieren

これはおじいちゃんのウォルマートではありません。

ウォルマートのグリーター、身に着けている方法私はあなたを助けることができますか?ベスト、買い物客が入るのを待ちます。 J.D.プーリー/ゲッティ

この物語は、と呼ばれる物語のグループの一部です 再コーディング

私たちのデジタル世界がどのように変化しているかを明らかにして説明し、私たちを変えます。

WalmartがJet.comとその創設者であるMarcLoreに30億ドルを支払ったとき、起業家は小売業者が新しいタイプの顧客にアピールするのを助けるという約束がありました。

これがその進化の次のステップです。

複数の情報筋によると、Code Eightと呼ばれる新しいウォルマートの子会社は最近、忙しいニューヨークのママのためのパーソナルショッピングサービスのテストを開始しました。

Code Eightのターゲット顧客は、オンラインの求人情報で、富裕層の都市消費者として説明されています—翻訳:裕福な都市居住者—確かに、ウォルマートの主要ビジネスの歴史的なスイートスポットではありません。

家庭用品は24時間以内に無料で配達されます。その他の購入品は2営業日以内に配達されます。返品は、お客様のアパートや家で無料で受け取ります。

ウォルマートのスタートアップインキュベーターであるストアNo.8は、プロジェクトケプラーと呼ばれる別のレーダー下のプロジェクトにも取り組んでいます。この取り組みは、コンピュータービジョンなどのテクノロジーを活用して、店内でのショッピング体験を再考することを目的としています。

プロジェクトに精通している複数の人が言う 再コーディング このイニシアチブの1つの目標は、チェックアウトラインやレジ係なしで運営される実店舗を作成することです。 Amazonの未来的なAmazonGoストア 、1年前に発表されましたが、まだ一般に公開されていません。

ウォルマートの広報担当者はコメントを控えた。

総合すると、これらのウォルマートのイニシアチブは、ウォルマートが運営するビジネスの種類と、ウォルマートがサービスを提供する顧客のビジョンを5年または10年後に大きく飛躍させるものです。しかし、どちらの事業戦略も初期段階にあるため、長期的な事業に発展するか、広く立ち上がるかは保証されません。

ウォルマートは以前に次のように発表していました ランウェイの共同創設者であるジェニファー・フレイスがコードエイトを率いる 、しかし、スタートアップについての詳細はほとんどまたはまったく明らかにされていません。

再コーディング Code Eightは最終的に会費を請求する予定であることを知りましたが、現在のテスターはそれを無料で使用しています。パーソナルショッピングサービスは、現在、健康と美容、家庭用品、アパレル/アクセサリーのカテゴリのアイテムに焦点を当てています。スタートアップがこの在庫をウォルマートとその子会社から調達しているのか、それとも外部の小売業者から調達しているのかは明らかではありません。

Code Eightは初期のユーザーに、写真をテキストメッセージで送信するだけで製品を注文できると言っています。彼らはまた、彼らが必要とする製品のタイプについての一般的な要求でメッセージを送り、彼らのために特定のアイテムを選ぶためにそれをサービスに任せることができます。顧客は、参加時にアンケートに回答します。これは、エクスペリエンスをパーソナライズするのに役立つはずです。

ある情報筋によると、Code Eight製品は自動化されたボットのように見えますが、実際にはメッセージのもう一方の端で通信しているのは人間のようです。それは時間とともに変わるかもしれません。

[W] eは、機械学習、NLP、およびパーソナライズアルゴリズムを活用して、会話型コマースをリードすることを目指しています。 NLPとは、自然言語処理を指します。基本的に、コンピューターが人間の口頭または書面による要求を処理可能な命令に変換する方法です。

店内ショッピングの未来に焦点を当てたProjectKeplerプロジェクトは、共同創設者で元最高技術責任者のMikeHanrahanが主導しています。 Jet.com 、複数の情報源が教えてくれます 再コーディング 。ジェットが拠点を置くニュージャージー州ホーボーケンにあります。

コンピュータービジョンエンジニアのプロジェクトケプラーの求人情報によると、この役割には、物理​​的な小売スペースでクラス最高の消費者体験を生み出すことが含まれます。

AmazonのGoコンセプト センサーとカメラの組み合わせを使用して、各店舗の買い物客が棚から何を取り出したかを追跡します。これにより、買い物客が途中で支払いを停止することなく、購入代金を自動的に請求できます。しかし、店舗の立ち上げは大幅に遅れており、店舗が混雑しているとテクノロジーがうまく機能しなかったとの報告があります。

ウォルマートは、このテクノロジーを備えた店舗でレジ係を必要としない可能性のある同様のシステムを想定しています。ウォルマートには世界中に200万人以上の従業員がおり、その多くはチェックアウトで働いています。

ただし、Project Keplerテクノロジーは、既存の店舗に後付けするのではなく、新しいタイプの店舗形式で使用される可能性があります。情報筋によると、このプロジェクトは、将来の小売店がどのように見えるべきかに焦点を当てたウォルマート全体のいくつかのプロジェクトの1つにすぎません。


この記事はもともとRecode.netに掲載されていました。