新しいデータによると、失業率は3月に4.4%に急上昇しましたが、真実はもっと悪いです

これは2、3週間前の経済のスナップショットです。

労働省は金曜日の朝に発表しました コロナウイルスの大流行の中で失業率が4.4%に跳ね上がったため、米国経済は3月に701,000人の雇用を失った。最初の失業保険の請求を提出する人々の記録的な数についてのニュースをフォローした人は誰でも、失業が増加していると聞いても驚くことはありません。





ある意味では、前例のない失業に関するヘッドラインと比較すると、4.4%はそれほど悪くはないようです(2月の3.5%から上昇していますが)。

悪いニュースは次のとおりです。月次雇用状況レポートの作成方法は、実際の状況が金曜日に報告されたものよりもはるかに悪いこと、および次の2つの月次レポートで行われるその後の改訂が劇的に悲惨な状況を示すことを本質的に保証します。

Rani Molla / Vox

仕事のレポートは、2つの別々の調査で構成されています。1つは世帯で、もう1つは事業所です。前者は失業率を生成し、後者は特定の月に作成または失われた雇用の数を示します(自営業者と複数の仕事を持っている人もいるため、これらの質問に個別に対処する必要があります)。



ただし、両方の月の12日を含む参照期間について質問することにより、1か月全体の条件を測定します。世帯調査の場合、参照期間はその日のどの週に該当するかを示しますが、施設調査では、12日を含む給与期間について尋ねます。これは、1週間か2週間か、それ以外の場合は会社が行います。

失業手当のデータから、3月15日から21日は月の前半よりもはるかに悪化し、3月22日から28日は前の週よりも劇的に悪化したことがわかります。 3月の後半からのこれらの失業の一部は、参照期間に回収されます(人々は、解雇された日に必ずしも請求を提出する必要はありません)が、多くはそうではありません。

Christina Animashaun / Vox

金曜日の暫定的な数字では、米国は、大恐慌のはるかに高い率は言うまでもなく、大不況または1982年の10%の失業率をまだ十分に下回っています。しかし、アメリカは見た目よりも近い可能性があります。失業のペースは遅くなるかもしれませんが、少なくとも4月まで経済が縮小し続けることを疑う理由はほとんどありません。



現在起こり得る最も危険なことは、政策立案者がこの報告書を文字通りに解釈しすぎることです。経済を支援するために議会と連邦準備制度がすでに取った措置は有用ですが、それらは現在流入している失業の膨大な量とほぼ同じ規模ではありません。国は多くの観点から考える必要がありますより大規模な動員、そして正確な失業データが報告する遅れを考えると、追加の経済的ステップを考え出す前に待機して姿勢を確認することは非常に危険です。